握りこぶし

日本では、自己主張に対し、
あまりよくないイメージを持つ人が多いと思います。

それはどうしてなのでしょうか?

日本人は、”自己主張”という本来の意味を
履き違って捉えているからだと思います。

Sponsored Link

と言うのも、多くの日本人にとって、
自己主張をすることは
「わがまま」「自分勝手」「空気が読めない人」
だという勝手なイメージがあるのでしょう。

海外では、自分を主張する行為は普通だし、
逆に自己主張ができない人は、奇異な目で見られるようです。

その背景には、お互いがお互いの意見を尊重し、
意見が違っても一人一人の主張を
認め合う考え方が存在するからです。

「以心伝心」という言葉があります。
日本は単一民族な上、島国で、
外部と接することがほとんどありませんでした。
なので意思疎通が容易なため、
自分が考えていることは相手も同じように考えている的な、
「何も言わなくても相手に通じる」
という文化が出来上がってしまったのでしょう。

でも、実際は言葉で言わないと何も分かりませんよね?
家族だって友人だって、
何でも言わないと分かってくれませんし、
言ってくれないとこちらも分かってあげられませんよね。

Sponsored Link

だからこそ、自己主張は大切なのです。
自己主張をすることは、
わがままで自分勝手なことではありません。

自分や相手を知るコミュニケーションです。

自分と違う意見や考え方を否定してはいけません。

ちょっと違いますが、喧嘩だってその一種ですよね。
相手とぶつかり合うことで
分かりあえることってあるはずなんです。

ですから、海外のように相手の意見を尊重し、
認めてあげましょう。

日本の社会が、日本人一人一人がこれを心がけていれば、
今よりももっと良い国になると思いませんか。

社会や世間の思想が第一の日本人には難しいことですが、
相手の言うことがそれらと違っていても、
否定せずに最後まで聞いてあげるのです。

誤解のないように言っておきますが、
私は日本の社会や世間の考え方が間違っているとは思いません。
ですが、正しいとも思いません。
なぜならば、世の中には正しいものなど
何一つ存在しないからです。

全ては、人間が作った、
ただの代物にしか過ぎませんから。

まとめ
自己主張とは相手を知るコミュニケーションである

Sponsored Link

↓こちらもどうぞ↓
命は何よりも尊いことに気づけ!!嫌なことから逃げろ!!
スペイン留学経験者が選ぶ日本とスペインの違い5選!!