海

苦手な人っていますよね。
世の中には、優しさや思いやりがない人、
意地悪な人、無神経な人がたくさんいます。
ですが、悲しいことに人を変える事は出来ません。
ここでは、そんな”嫌な人”に出会ってしまった時の、
発想の工夫を3つ提供します。

Sponsored Link

1. こんな人もいると割り切ろう

世の中が良い人ばかりならいいのですが、
残念ながらそのようにはいきません。
ですから、割り切る事も大事です。
あなたが、嫌な人と接して何か
気に触るような事を言われたとしましょう。
きっと、「腹が立つ!」「何この人!」
「信じられない!」「許せない!」
と、怒りがこみ上げてくるでしょう。
ですが、現実にはこんな人もいるのです。
あなたの前にだけ、湧いて出てきたわけではありません。

そんな人のために自分だけが嫌な思いをするのは、損です。
その人が変わる事を期待するのも、損です。
そこで、あなたが発想を転換して、
“こんな人もいる”現実を受け入れましょう。
そんな人のために、あなたが気分を害する必要はありません。
時は金なりです。時間はもっと有効に使いましょう。

2. 自分の精神を強くしよう

生きていると、
心のない人からキツイ事を言われたり、心を傷つけられるような事を
言われたりするシーンが少なからずありますね。
ですが、1で述べた通り、”こんな人もいる”のです。
そのためには、自分の感情をコントロールする方法を
身につけたらよいでしょう。
物事の受け止め方を変えるのです。
そんなの無理!と思うかもしれませんが、案外できます。

例えば、そういう悪態をつく人に出会ったら、
「世の中こういう人もいるから、仕方がない」とか
「自分が嫌な気持ちになるのは時間の無駄」とか
「何でそんな風にしか言えないのだろう」とか
あきらめにも似た気持ちを抱き、脳で念じながら、
意識的に感情をコントロールするのです。

だってそんな人のために、
自分の心の居心地が悪いのは嫌ですよね。
だから、自分自身を強くして、
解決してしまえばいいのです。

Sponsored Link

3. 相手よりもうわてを行く

相手があなたよりも年上か年下か、
はたまた、地位が上か下か、
なんて事は関係ありません。
人間の価値は、年齢や地位では計れません。
あなたは出会った事がありませんか。
若いのに思いやりがあり、
そこら辺の大人よりもしっかりしていて、
「あの子は若いのにデキた子だねー」などと噂されるような人。
一方で、もういい年なのに、悪口を言っていたり、
思いやりが欠如している、
「今まで何を学んできたの?」的な人。
ほら、年齢なんて関係ないでしょう。

なので、まず意識的に怒りを静め、
自分自身に余裕を持ちましょう。
余裕ができれば感情のコントロールができます。
すると、俯瞰する視点を持つ事ができ、
相手よりもうわてを行けるようになるので、
不思議と怒りは収まってきます。

ですから、
嫌な相手が年下であろうとも年上であろうとも、
俯瞰する視点を持って、
接するという構えが大切なのです。

まとめ
“こんな人もいる”と割り切り、相手よりもうわてを行こう

Sponsored Link

↓こちらもどうぞ↓
性格を変えたい人必見!!性格を変えて運命を創り出す方法とは?
ああすれば良かった!と後悔せずに効率よく人生を生きる方法とは?