現在、「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」が

世界中でヒットし、大ブレイクしているピコ太郎さん。

そんなピコ太郎さんが、

あのギネスに登録されたそうなのですが、

なんの理由からなのか気になりますね。

ギネスの記者会見動画や
世間の反応も見てみることにしましょう!

Sponsored Link

↓ピコ太郎さんについてはこちらもどうぞ↓
ピコ太郎ロングバージョンの歌詞がヤバイ!?動画と世間の反応やMステもチェック!!

1. ピコ太郎の記者会見動画をチェック!!

2016年10月28日に、

東京・有楽町の日本外国特派員協会にて

ピコ太郎さんの曲「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」が、

ギネス記録に認定されたとの記者会見が行われました。

では早速、動画を見てみることにしましょうか。


出典:https://www.youtube.com/watch?v=7WdSHChk6G0

ピコ太郎さんは、直接認定証を渡されて
笑顔でポーズしていましたが、

会見中は英語での言葉はありませんでしたね。

「PPAP」のMVでの印象とは全く違い、
終始まともなピコ太郎さんでした(笑)

では、気になるギネス登録の理由を
次の項目で紹介します♪

2. ギネス登録は何の理由だった!?

それでは、気になるギネス登録理由です。

一言でいうと、

「曲の短さ」です。

というのも、ピコ太郎さんの

「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」は、

アメリカのビルボードで77位になり、

日本人としては26年ぶりにランクインという快挙になりました。

加えてこの曲は、45秒という短さなため、

「ビルボードにチャートインした曲の中で、1曲の尺が最短」

という世界記録になったそうです。

日本人では26年ぶりに
ランクインということもすごいですが、

曲が短すぎてギネス記録というのもすごいですよね!

Sponsored Link

3. ギネス登録の世間の反応は?

ネットでのみなさんの感想を紹介します♪

これからもピコ太郎さんの活躍が楽しみですね!

注目していましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

Sponsored Link

↓ピコ太郎さんについてはこちらもどうぞ↓
ピコ太郎ロングバージョンの歌詞がヤバイ!?動画と世間の反応やMステもチェック!!